ここが沼だ

沼が楽しくて笑ってたら足を取られてこのざま

KAT-TUN6人期を履修する

前にブログ書いてから大分日が経ってしまった!飽きてない!飽きてないですよ〜!!!
お仕事の云々が云々でバタついてたり高熱出して倒れたり、倒れたの復活しかけてたところに同居人が盲腸で倒れて緊急手術で入院だったりでした!みんな保険には入っておこうな!!

そんななかも相変わらずちょこちょこ(?)CD集めたり

溜めてた録画が設定ミスによりガガッと消えて思ったより落ち込んだり(MUSIC DAY…)

中丸雄一をまんまと中丸雄一呼びしてたり

上田くんを頑張ってうーちゃん呼びしてみたけど全然しっくりこないし照れるしですぐやめてみたり

KAT-TUN担の後輩にCDまあまあな量借りて全然消化しきれてなかったり

その借りた中で真っ先にKISS×3のシャッフルとメイキングみてしまってからその繰り返しから抜け出せなくなったりしています。
なんだメイキングの亀梨くんは。セクシーの権化か。メイキングのほうがえろいってどういうことだ。
シャッフルは事前に至る所で評判を読んでいたのですが市ヶ谷のバリバリ仕事デキる感がほんとたまらなかったです。。。

あと亀梨ソロコン一般は全然ダメでした!!!!

ジャニーズの洗礼受けたわ…うう…とうとう始まってツアーレポのツイート流れてくるたびによくわかんねえけどとんでもねえことが行われているってことだけしかわからねえ…それ以外はわたしの脳では処理ができねえ…亀ちゃんのポテンシャルまじ無限大…ていうかほんとにコンサート行きたすぎて震える。映像化を祈ろう…ハガキまとめ買いしてこよう…。

と、前置きはこの辺にして(長い)

以前ブログにも書いたりしていた2次元(ちなみに黒バス)(そしてその後声オタの方で推しが一緒で共に現場に入ること多々)で繋がったジャニオタのフォロワーちゃんから「なんで今なんだ!いいから初期KAT-TUNも見ろ!ツラ貸せ!(意訳)」とお誘いを受け、それに甘えましてカラオケにて観賞会をいたしました!ドンパフ〜!ありがてえ、まじでありがてえ🙏ちなみに赤西担の子

ラインナップはその子が持ってきてくれた以下でした。
これの最後にわたしが後輩ちゃんから借りた新春勝詣ちょっとだけみたよ。袴?羽織?なんていうの?を自分で紐でくくるとき紐噛んでるの萌えすぎてつらかった。みんなサラッとやるから「自分でやるんだ!?」って驚いた。なんでもできるんだね。あと汗びしゃびしゃうえぴー…あんなCGっぽい顔面なのにだっくだくに汗かいてる!ていううえぴー以外だと感じる瞬間なかなかないギャップを感じた。CGっぽいのに汗かくギャップ。なにそれ。足早い男子がモテるっていうの、小学校時代とかとかありがちだけど全く理解できんと思ってたの、うえぴーで初めてかっこいい…(トゥンク)ってなってるよ。一桁台の年齢からずっともってた価値観すらぶっ壊してくれるよKAT-TUNさんは。さすがだね。まだちょっとしかみてないから早くみなければ…。

 

KAT-TUN 完全限定BOX Real Face/Best of KAT-TUN/Real Face Film

KAT-TUN 完全限定BOX Real Face/Best of KAT-TUN/Real Face Film

 

 

Keep the faith(初回限定盤)(DVD付)

Keep the faith(初回限定盤)(DVD付)

 

 

LIPS(初回限定盤)(DVD付)

LIPS(初回限定盤)(DVD付)

 

 

KAT-TUN III-QUEEN OF PIRATES-(初回限定盤)(DVD付)

KAT-TUN III-QUEEN OF PIRATES-(初回限定盤)(DVD付)

 

 

White X'mas/KAT-TUN (初回限定盤)

White X'mas/KAT-TUN (初回限定盤)

 

いやも〜何って、当たり前だけど若い!テンション高くて可愛い!一番のインパクト。中西の中丸雄一がうるさいって言われてるのめちゃくちゃ理解してめちゃくちゃ可愛いってなりました。チャラ丸〜!!!

今となっては優秀なマーケティング能力が有り余るほどあることも企画・プロデュースから編集までお任せあれな中丸雄一さんの能力の高さは周知の事実で拝んでも拝み足りないほど感謝してるんですけども、当初からそうだったのねーっていうのは知らなかったので、まだ少し慣れてないカメラ向けの紹介の感じとかトライ&エラーを繰り返してぐんぐんその能力伸ばしていってくれた中丸雄一を感じてさらに感謝感謝で拝み倒してたぶんそろそろ地面にめり込む。

あとわたしの大好きな細くてツンツンしてる若亀ちゃん…🙏🙏 🙏ほせー!!!これ今となってはそういう時期もあるよね若いものね〜かもしれないけど当時ガチ心配になるやつやんけ!ってなる。あと眉毛が細い!髪が長い!(髪が長い男、性癖です)でも当時から変わらず「亀梨和也」でまあ当時、当時の亀ちゃんもゴリゴリ好きで変わらぬ気持ち、さらなる愛情みたいな気持ちで再発してるクチなので分かりきってはいたけど、10年の年月を経た結果を知って改めてみると少し感動する…。

あとジンアカニシってやっぱ最強にかっこいいな…爆モテなるほど納得…ジンアカニシはこの歳になって良さが染み渡るほどわかるようになってきました、中学生当時にはわからなかったんだよ…かわいいとは思っていたけれどモテとかほら、わからんやん。アホの子可愛いのはわかるんだけど。それが今となっては爆モテの雰囲気でまず爆死。そのあと顔の綺麗さにバーン!てなって、そこからの歌声の綺麗さとうまさにバーン!ですよ。すごいね。わたしが当時から好きだったアホ可愛い感じもメイキングだとみれてたまらんでしたほんと可愛いしかっこいいしすごいなー、ジンアカニシは。

一番垢抜け…というか成長をビジュアルで感じたのは田口くんでした。何がどうこうっていうか、デビュー当時がショタすぎてびっくりした。こんなだっけ!?!?!?!?美しい………

こきたんはずーーーーーっと「PV撮るために曲出す」ってずっと言ってるんですね、笑った。謎の一貫性。

あとその観賞会誘ってくれた友達とひたすら「甘栗かわいい…」「それな…」「今のうえぴー好きだけど、もったいないという気分になる…」「このポテンシャルよ…性別を超えた美しさよ…」って崇めてた。病気か。(甘栗患者)

あとお友達ちゃんがわたしがトイレ行ってる隙に見つけ出して一時停止スタンバイでみせてくれたきぷふぇメイキングかな?のじんじんの「カズ」呼びに震えた。なんか都市伝説とかおとぎ話だと思ってた。。。今のテンションで当時オタやっててこれ目の当たりにしてたらたぶんわたしは霧になって散り散りになっていたと思います(真顔)

どのメイキングもサービス精神旺盛ちゃんなのと(工場長シリーズ初めてちゃんとみました)仲良し男子高校生感すぎてまじで見所渋滞してて一つずつの感想書いてたら果てしないのですが、一貫して変わらないところ、成長しているところ、その全てにジーン…としていました。KAT-TUNはずっとかっこいいし可愛いしほんとこの10年の間埋め作業はしばらく続くなー。でも今月は一気にCD買いすぎたからもう買わないぞ宣言。

そう、↑で貼ってたCD購入報告のやつ、この観賞会のあとそのままばかすかCD買いました。隣で「勧めたのはわたしだし嬉しいけど、だ、大丈夫…?」って友達に心配されながらヒかれた。大丈夫です!!!

(根拠はない)(むしろなにに大丈夫?って聞かれたのかイマイチわかってない)(財政状況なら全然大丈夫じゃないですけどいつものことです)

 

で、たらふく買ったCD・DVDを消化してないまま時間が経っています。由々しき。買う前に今あるやつちゃんとみてこ。なんか生半可な気持ちで見れねえぞっていう謎の気負いがあるのでご飯食べてる時とか風呂入ったあととかにチョロっと、みたいなことが全然出来ないので特にコンサートDVDが全然見進められない。だからながら見できるテレビの録画か30分くらいでみれる初回限定CDの特典映像ばっかみちゃうんだよね〜〜〜、それも最近帰りが日付超えてしまうから難しいんだよネ〜〜〜

KAT-TUNの歴史履修頑張ります!!!感想はまた記事にできたらいいな…!*1

 

 

 

*1:この記事を書くのに1週間かかっている。(なのでいつも書き出したあとに着地点を見失う。)

メンバーをどう呼ぶか問題

(6/14:タイトルがわかりづらかったので変更いたしました)

 

どこかでも発言したのですがKAT-TUNメンバーをどう呼ぶか全然決まりません。しっくりこないまま便宜上お名前お借りしますみたいな気持ちで呼んでます。

なんか距離感?なのかスタンスなのか…なんなんでしょうこれ…なんか照れとか遠慮(?)とか色んな気持ちが入り混じってだめなんです。。。

わたしは便宜上直前いた2次オタを自称してたりしますが追っかけてた(てる)のは三次元の人の方が圧倒的に多いんですよね…一度三次元の楽しさを知ってしまうと本人の成長や周りとの関係性の変化が刻一刻と変わっていく三次元から目が離せなくて取りつかれてしまうやーつ。の患者です。
なので今まで追いかけてた人は三次元の人が多いわけですが、あだ名呼びからフルネーム敬称略まで様々で、一応最近の傾向としては二次元は作中の主流な呼び方もしくはちゃん付け、三次元は自意識が凝り固まって過剰になった結果フルネーム敬称略が多い…ような…本気であればあるほどそうなる傾向にある気がします。

あだ名で呼んでいる人をみるとその人のことを可愛く思っていることや好きというのを素直に表してていいなあって思うし、一方さん付け・くん付けだと丁寧でその人のことを尊敬しているし、自分の中のとても大事なものとして扱っているように見えてそれも素敵です。好きな対象の呼び方ひとつでどういう愛情を秘めているのか表れるの、オタクって本当に楽しいなと思うことのひとつ。呼び方だけじゃなくて愛で方も多種多様で色んな愛の形がある、愛情渦巻くオタク界隈。これだからオタクが楽しい。
で、一方で自分は、どうなのっつったら、どうしたらいいのかわからないんだよな~!思ったまま呼べばいいじゃないと言われても過剰な自意識が邪魔をする!
あとあるあるだと思うんですけどそれまでどうとも思ってなかったりそんなに思い入れなかったら気軽に名字呼び捨てで呼んでいたのに意識すると途端に呼び捨てとかできなくなるっていう…書いてて自分でめんどくさいオタクだなと思ってきた…大丈夫自覚あります…(?)
なんだろう。恋なのかな。


一度KAT-TUNさんの呼び方をまとめてみます。

亀梨和也
・亀梨くん(さん)
・亀ちゃん
・おかめちゃん
・かめにゃん
・セックスシンボル

上田竜也
・上田くん(さん)
・上ピー
・うーちゃん
・たっちゃん
・ビジネスヤンキー

中丸雄一
・中丸くん(さん)
・ゆっち
・おじいちゃん
・帝王


主な通称ってこんなかんじ?
亀梨さんって呼ぶ人は呼んでるけどろばまるに比べると全然少ないし、逆にろばまるの人って結構くん・さん付けが多いイメージです。何度も言いますがあくまでなんとなくでしかないので偏ってる可能性大ですけど。


あと3人は例に挙げられるほど色んな人の呼び方を見ていないと思うのですが(特に2人)

田口淳之介
・田口くん(さん)
・じゅんの
・たぐっちゃん
・おたぐ
・王子

田中聖
・田中くん(さん)
・聖
・こきたん
・JOKER

赤西仁
・赤西くん(さん)
・仁くん/仁ちゃん/仁
・じんじん
・ジンアカニシ

 

とかは見かけて覚えている感じ。
はてブロ・Twitter界隈で情報を収集しているのでこちらも偏りがありそうですけれども。
田口くんのじゅんの呼び可愛くて好きなんだよな~!
あとこきたんは田中っていう日本全国名字ランキング4位*1な名字のおかげか下の名前に振った呼び方が多い気がしますね。
逆に亀梨くんは亀梨って名字が珍しいからかキャッチーだからか名字をもじったりしてるパターン。
赤西くんはファンと仁とのEternal*2の印象なのかよく見かける人たちはメイン呼びは名字っぽいなと思うけど名前呼びの印象も強い。
そう、別に呼び方固定って限ってるわけじゃ勿論ないので記事やツイートのスタンスによって呼び方も変わりますよね。その主題が考察なのか萌え吐きなのかとかでも変わってくる。

 

そんな中とりあえずで私は

・かめちゃん
・上田くん
・中丸さん

・田口くん
・こうき
・赤西くん

あたりをよく使っています。ぶ、無難~!

基本名字+さんorくん。田中さんのこうき呼びは過去のこきたん呼びを照れからこらえた結果だという自己分析です。亀梨くんはもうずっと好きではあったのでかめちゃん呼びを続けてきていたので!あとかめちゃんを「かめぴ」とも呼んでたし呼びたい心情なんだけど「亀と山P」とややこしいからやめようと思った(決意)
中丸さんは最初中丸くんて呼んでたんだけどなんだか知れば知るほど「私ごときがくんとか言っちゃいけねーんじゃねーか…?」という気持ちになってさんに移行途中です。ユウイチナカマルコワイ。上田くんのうーちゃん呼びも可愛くて好きなんだよな~!うーちゃん!
まあこれは徐々に慣れていったり色々触れていったりする中で変化していくんだろうな~ということで好きになってもうすぐ1か月時点の記録ですね。別に正解不正解があるようなものでもないので色々しっくりくるようになればいいなー。慣れだろうけど。あともう圧倒的KAT-TUN熱を前にわたしの自意識過剰が吹っ飛べばいいんですよね。わかるわかるー。あと周りの人の呼び方うつるってのがあるのでもう少し沼に漬かってると色々分かるようになるかもしれません。

 

これどんどんこじらせて言ってガッチガチに意識した結果最終的に中丸さんのこと「中丸雄一」としか呼べなくなってたら笑う。あり得る。

 

 

新参ハイフンが思う、KAT-TUNの好きなところ。

前回記事でどのようにして沼に落ちていったのかの前提と経過を書きましたがほんとに経緯報告というか、「結果、なんでなん?」みたいなとこまで落ちきらなかった!結局お前はなんでそこにはまりこんでいったんだ!みたいな気持ちに公開後30分でなったので、第2段更新のお題とさせていただきます。ドンドンパフ〜!!!

どうでもいいんだけどどうしてこの更新画面開いてキーボード叩いてるうちに何言いたかったのかよく分からなくなっていっちゃうんだろうね…話すの下手だね…プレゼンとか発表とか自分で自分が何言ってるのか分からなくなっちゃってテンパるのブログでも行われてしまうのほんと根っからの性質感ある。

 

1.曲がかっこいい。 

まず曲が好き。かっこいい。ひたすら“カッコいい”に終始してくれる曲が多くて本当に好き…!既に語彙力を失う。邦楽ロックを長く齧っていたりしたのも関係するのか、かわいい所謂アイドルソングも勿論好きなんですけど、かわいいな〜♡とは思うけど何回も聴かないんですよね、それは完全に個人の趣味趣向の話なのでかわいいアイドルソングdisとかそういうわけでは全然ないので悪しからず。あとアニメソング好きなんですけどアニメソングって「俺が思うカッコよさてんこ盛り盛り胸焼け風味」みたいなところあると思ってて。いやまあすべてではないですけど…。ウワ〜これ絶対背景薔薇散っとるやん!みたいなのとか、荒廃した砂漠みたいな廃墟みたいな風景のイメージ流れるわみたいなのとかカラオケで歌ったら薔薇燃える映像かモノクロで工業地帯のなかの建物っぽいところでスローモーションで俯いたりあっち向いてたりする男の人の映像流れるやつとか。と、まあ今の例えは偏ってますけど、まあ兎にも角にもカッコいいのが好き♡なわけで、そんなわたしにカツンさんの曲ドンピシャ。MVもドンピシャ。しかも見た目がいい実在の人物が趣味ドンピシャな世界観の映像のなかでカッコつけててくれるんですよ!?好き!
邦楽ロックとアニソンて親和性あるというか、どっちも好きって人多いじゃないですか。そこにKAT-TUNさん食い込めると思うんです同じベクトルです。2次元オタや男性にもオススメ!(鼻息荒く)

2次オタにオススメっていう繋がりでいうと「KAT-TUNは2次元…?」と思うようなこと多発していて、女装も和物も軍服も顔のいい男たちが総力かけて最高にカッコよく美しく3次元で実現していてほんと…こんなん好きやんけ…としか言えなくなる…。

(カラオケに行ったらやっぱり背景薔薇だったので喜んだ。)

 

 

2.メンバーのわちゃわちゃがかわいい

顔がめちゃくちゃかっこよくてMVやコンサートで最高にカッコつけてくれてそれがキマってるひとたち、普段のわちゃわちゃ可愛すぎてずるい。でもこれはMyojo買ってた当時からずっと思ってて、誌面でキャッキャしてる感じモロに出されてしんどかった(萌えで)。悪ふざけしてるわちゃわちゃ感っていうの?当時で言えばむしろカッコつけてないでそういう感じでいてよくらいのこと思ってました。 当時は少クラも見れなかったので歌って踊るKAT-TUN知らなかったから…。兎にも角にもわちゃわちゃしている男たちが好きだという星の元に生まれたので雄一さん楽屋コーナーありがとうございます本当にわかっていらっしゃる。気さくなアンちゃん感というか、そういうのも魅力のひとつだよなあとひしひしと思う…。KAT-TUNさんて爺孫でも2学年とかしか歳離れてなくてほぼ同年代の集まりなんですよね。そして入所時期もめちゃくちゃ離れてるわけじゃなくて色んな意味で同世代で、そういうとこも仲良いの納得できてすごくかわいいです…。各コンビに名前がついててそれぞれにエピソードがあるのもずるい。ハマった三日後にはろばまるこわいを唱え始めていました。

 

3.顔が美しい男たちの多面性

天下のジャニーズさん、顔がが美しいのは前提条件みたいなところありますけどKAT-TUNさんはいろんなタイプの顔が美しい男取り揃えてまっせってかんじ感じある…。萌えの全方位捕獲。ジャニーズjr大賞かなんかっていうMyojoさんの企画で醤油顔No. 1に選ばれてた田口くんすごく印象に残ってるんですけど、それ以外にもなんていうか見せ方で変わるしいろんな顔の美しさ楽しめますよね…。うえぴのキャラ変は可愛いもかっこいいも耽美も自由自在だしそのどれもが美しいしいまビジネスヤンキーしてるけどその実根底の可愛さ出ちゃってるよ…てタイミング多々あるし、亀ちゃんも普段メディア出てるときはかっこいい、真面目、みたいなところが全面に出てる気がするのですがKAT-TUNでいると末っ子の可愛い感じ全開だしコンサートでは美しいとしか形容できない、性別を超越したナニカになっているし中丸さんもコメンテーター・バラエティ班として真面目で誠実な感じ、なんならKAT-TUNの中では一見地味にも捉えられるかと思えば帝王顔してひれ伏したくなるようなかっこよさやダンスのかっこよさ・煽りのオラオラ雄一さんとかもうカッコよさしかない…ありがとう…リア恋枠も納得です。田口くんはあのハッピーオーラ・ギャグキャラは一般認知度も高いと思うのですがスタイルの良さを遺憾なく発揮するダンスのときとか本当に、本当にかっこいいしかと思えばKAT-TUN年下組の可愛い甘やかされBOYっぷりは母性とか皆無であっても内臓の奥底から母性本能引きずり上げられる感じある。こきたんはデビュー後どんどんと見た目が悪にステ全振りしすぎじゃない?みたいな感じでしたけど元々とても美少年だし普段の感じがとても人懐っこくてこれは可愛がられる…ってこのひとも年下組だったのを思い出すしジンアカニシはセクシーーーーって感じ全面に出ててある種「なにスカしてんねん」って悪意ある見られ方もしがちだったと思うんですけどすっっごいお茶目でかわいい。笑った顔が可愛すぎて反則。こきたんとジンアカニシはデビュー後のことあまり知らないので違ってたらごめんなさいわたしはこういうイメージです…。みんなのこの多面性、まあ人って多面的でないほうがどやねんみたいなところあるんですけどKAT-TUNさんはその振り幅というかギャップがとても大きくて、それ知っちゃうと沼ですというか、もはやそこに手出ししちゃうと好きにならざるを得なかったというか…。個性が取っ散らかってるってくらい個性的でそのアクの強さみたいなものに惹かれてしまいます。

 

4.物語を感じてしまう

リアルタイムでずっと追ってきたわけではない新参ハイフンなので思い入れの差はもちろんあると思います。ですがそんな新参でも色々思ってしまうようなこんな紆余曲折あるグループってそんなないと思うんですよね。元々優等生で王道な感じで売り出したわけじゃないところも、テニスでは青学でなく立海氷帝推しうたプリではカルナイ推し、みたいな王道にあまりハマれないわたしにはドンピシャでしたし、そのうえにこんなに色々なことがあり、そういうことが起きるたびに乗り越えていく様をみているとドラマティックであるとすら感じる。わたしは充電期間の道すがらに、その名目の通りソロ活動頑張っている亀梨くんに引っかかりそのままKAT-TUNまできたわけですけど、このタイミングでKAT-TUNのファンになったからには、FCにも即入会してジャニwebにも入りソロ活動の結果KAT-TUNのファンが増えたんだなってわかってほしいと思ったし充電復活をちゃんと見届けたいなと願っています。こういうのが影響するのか、ジャニーズ事務所についてほとんど知らないのでわからないですけど。正直なことを書くと安泰だと思っていたらここまでしなかったと思う。去年のSMAPの騒動があったり、KAT-TUNの今までの歴史があって、なにも簡単にずっと続くことはないんだなと思ったのでせめてわたしができることだけでもと今できる応援活動は全部やりたいなと思ったのでした。

 

とりあえず4つ…やっぱり落としどころがわからなくなる…。
とりあえずわたしのなかで一番大きいのは曲とコンサートのカッコよさです。コテコテな感じを照れを感じさせることなくやりきってくれるKAT-TUNさん、これを味わえるのKAT-TUNさんだからや!!って感じがして推さざるを得ないです。コンサート生でみたすぎる…。なので、充電復活を本当に心待ちにしています。生で見ないと信じられない現場厨なので。。

前回担当とかがイマイチわからないと書いた通りいまのところ箱推しって感じで全員の動向を追いつつ過去のことをお勉強させていただいております。

 沼。

わたしがKAT-TUNを好きになったあらすじ

はじめまして。

ブログというものをやるのが1○年ぶりで勝手がまるでわからなくてどのテンションで書いていいかわからないまま書き出しています。

現在二十代半ばの社畜です。Adobeをよく使うお仕事をしています。

これはわたしが新たな世界(ジャニオタ)への扉を開けた経緯を記録として残しておこうとアカウントを取り筆を取ったブログです。

たぶんとても長い。なぜならわたしは話が長い。

この辺はブログを書き続けるに当たってもネックになっていくので徐々にいい感じにできるよう頑張ります。

自分語りマジ乙みたいな話で終わってしまっていますがスタンスをはっきりさせときたい衝動で午前4時になろうかというタイミングでひたすらキーボード叩いておりますご了承ください。 

 

前提として、もともと気質がオタクだったので中学ぐらいからインターネットを始めて、邦楽ロックやお笑い芸人、俳優と、色んな人を好きになっては時間を注ぎ込みつつその人への知識を得ることに喜びを覚えていました。

わたしが中学のときっていうと、ごくせんや野ブタ修二と彰がどえらい流行ってる時代でしたのでもちろんジャニーズも嫌いどころかむしろ好きでした。インターネットに出会う前、アイドル雑誌を買っている時期がある程度には。

なにがキッカケで買おうと思ったのか全然思い出せないのですが、目的はデビューしたてのNEWSで、たしかMyojoの2003年12月号だった。(今画像確認したらあってました。森内もいる…)

Myojo (ミョウジョウ) 2003年 12月号

錦戸くんが好きでそれしか知らないままに買ったらば、ジャニーズにはテレビに出ていない人たちがたくさんいるんだなと初めて目の当たりにするわけです。その中でもまあまあ大きめに取り扱われていたグループが当時まだCDデビュー前のKAT-TUNでした。お目当のNEWSの記事も数ページで終わるし、なけなしのお小遣いをはたいて買った貴重な雑誌ですので一応隅から隅まで読み込むというのを毎月続けておりまして、そのうちKAT-TUNの亀梨くんかっこいい!とNEWSの次にKAT-TUNがお目当になっていきます。…とは言ってももう14年も前のことなので心情はうろ覚えなのですが、Myojoについてきていたポスター類をKAT-TUNとNEWSのものだけ抜き取って壁にベタベタ貼っていた記憶があるのでKAT-TUNと、なかでも亀梨くんが好きだったことは確か。

でも当時のわたしのお小遣いは1000円で、アイドル雑誌を毎月買うのが次第に金銭面で辛くなっていきます。*1

沖縄は民放が3局しかなく、野ブタもごくせんも週遅れでなんとか放送されていましたがバラエティとかになると見れないものも多いし、熱を維持することもできず他に好きなものも増えて言ったわたしはいつしかMyojoを買うのをやめてしまい、ジャニオタにならずジャニ好き、くらいの段階で自発的なジャニーズとの関わりを絶ってしまいます。

しかし天下ジャニーズさん、そらーMステに出れば2週連続、各歌番組にもだいたいマストで出てくれるし、そういう歌番組をみなくてもドラマを見ればそこにいる、むしろテレビをつけていればCMに出てるし色んな雑誌の表紙を飾っているのを見る。そういう人たちだったので、所謂茶の間で十分楽しめてしまうのであまり追いかける対象にしなくとも、好きだなという気持ちだけ保ったまま過ごしておりました。そのあとKAT-TUNは鳴り物入り向かう所敵なし状態でCDデビューを果たし、それも熱心にとは言わずともある程度見ていました。

 

自発的な関わりはなくなりましたが、血は争えないと言いますか*2、数年後に妹2人がそれぞれ嵐とKAT-TUNにハマり、番組を一緒に見たりPVのDVDを見たりしていました。

そんな状態も2010年から上京し一人暮らしを始めたことにより、テレビもない生活を送るようになったためなくなり、わたしの生活からジャニーズは希薄になっていきます。

 

その後若手俳優やアニメ・声優などをメインに、ツイッターという便利なツールを住処としておたくをしていくなかで、2次元や若手俳優を追いかけつつジャニオタやってます・ジャニオタやってましたみたいな子たちと出会います。雑誌を買っていた頃は自分一人で雑誌を読んで満足するのみだったのでジャニオタの子たちのリアルな生態はここで初めて目の当たりにします。

そういう子たちのツイートやたまに流れてくるジャニオタツイートをみてるとジャニオタって普通のオタクとやっぱり少し文化が違うんですよね。それを傍目にみてるといや〜ジャニオタ生半可にできねーよなわたしなんかジャニーズ好きとか言えないわほんと大変だ…お疲れ様です…とか思ってたわけです。

 

その頃になるとテレビは漸く持つようになったけれど録画機器もなく仕事で深夜1時に帰宅する生活となっていたため、テレビでジャニーズを見かけるといえば今からでも間に合う!的なドラマのダイジェスト版くらい。みんなが盛り上がる生放送の歌番組とか、バラエティ番組はほぼ見ることが出来ずにいたので、流れてくるツイートで少し遅れて情報が入ってくる程度でした。*3

 

と、ここまでが前提(思ったより長くなってる…)

 

5月は仕事が少しバタバタしていて忙しない気持ちでいつものように深夜に帰宅し、テレビをつけながらごはんを食べていたら…なんだかとても画面がかわいくて美しくなって反射的に録画ボタンを…。
すべてはここから始まった。亀と山Pとクリームシチューありがとう。

f:id:aoi-blue:20170608153647p:plain
かわいい…かわいいがすぎる…画面が美しい…
あと基本テレビとかで見かけたとしても最新な状態なわけじゃないですか。実際ドラマはちゃんと見てたんですよ。
でも久しぶりに野ブタの頃の亀ちゃんをみて美しさと可愛さに愕然としました。今までも可愛いと思ってたしあの頃と変わらない可愛さだな〜くらいに思ってたけど今は歳とって色んな意味で少し丸い雰囲気になってるんだなと比較して初めて気がつきました。そしてあの頃もわたしの記憶の中より断然めちゃくちゃに可愛い。今より中性的で細くてお顔も少しツンツンしててこんなの好きに決まってるじゃん中学時代のわたしもひとたまりもないわけだよと痛感しました。

あと当時の記憶と熱が蘇って勢いでMステ録画しました。

と、これが5月の19日深夜。

ここからはTwitter(住処)のキャプです、自分用にまとめたトゥギャのキャプ。
右上に小さく日付と時間が書いてありますので以下時系列です。徐々に沼る様の記録。

 

f:id:aoi-blue:20170608154038p:plain
一夜明けての19日昼間、バズリズムも思い立って録画予約。
アプリを通じてスマホから録画予約出来るの本当にありがたい、テクノロジーに感謝。あと昨日のテンションのままananも買いました。表紙が美しい………

f:id:aoi-blue:20170608154059p:plain
土日明けて5月22日。土日は美しい星の公開記念舞台挨拶行きたかった…あと1週間でも早く好きになっていれば頑張ったのに…と自分のタイミングの悪さを呪っていた。
あと自ら検索して沼に向かっていくスタイルで過去亀の可愛さを思い知っているターン。
ジャニオタというものと自分の距離についても考えている。どっからがジャニオタと言えるの…?みたいな純粋に疑問なんですよね。過去ジャンルで色々あってもうおいそれとファンですみたいに言えなくなってるこじらせたオタク…

f:id:aoi-blue:20170608154121p:plain
5月23日。携帯のロック画面が過去亀になりました。この辺にくると後戻りできない気がしてきています。

f:id:aoi-blue:20170608154145p:plain
5月24日〜26日。脳がだいぶ支配され始めている。ロック画面可愛すぎて毎回びっくりする。
意味のないツイートにとりあえず画像添付しちゃうあたりがわたしの脳内をストレートに示していますね。脳内支配具合ね。

f:id:aoi-blue:20170608154205p:plain
引き続き5月26日。舞台挨拶のパジャマ最高に可愛くてみたかったみたかったを繰り返すうちにソロコンまじで行きたくなってきて困る。本当に自分のタイミングの悪さ呪うしかない…。

f:id:aoi-blue:20170608154226p:plainf:id:aoi-blue:20170608154243p:plain
はい。5月28日ついに課金です。
初めてジャニーズのCD買ったし初めてちゃんとジャニーズのコンサートというものをみた。10ksまだみてないです…NMPから見た…爺孫…🙏🙏🙏あと甘栗意外とちゃんと堪能したことなかったので破壊力にしんだ。ビジネスヤンキーもいいけどほんと甘栗最高では…。

f:id:aoi-blue:20170613214636p:plain

あとほんと、1年ちょっと前にはてブ始めて、ジャニオタの記事みるのとっても好きで読みまっくてたの下地になってると思うんですよね。みんな文章うますぎませんか?
Twitterで「尊い…無理…😭🙏」しか言ってなかったオタクはカルチャーショックをうけました。そういうわけでわたしもいまはてなでブログを書いている次第です。仁亀以外のコンビ名もブログ記事で初めて知りました。ろばまるこわい…

f:id:aoi-blue:20170609004353p:plain
課金完了です。テクノロジーすごい即メールきた。あと美しい星の完成披露試写会のパジャマ眼鏡と髪の毛のセット具合が好きすぎてパジャマ着てうつってるらしいと聞いたTVガイドのバックナンバーも買っています。好きなものにはフットワーク軽く生きていたい。

f:id:aoi-blue:20170608154330p:plain
馬鹿。

f:id:aoi-blue:20170608154349p:plain
オタクの愛情表現の一つがグッズやイメージカラー・メンバーカラーを身につけることじゃないですか。でももともと持ってるものが黒か青しかないうえに過去の推したち寒色だらけ/せいぜいいて赤だったので亀ちゃんピンクかよ…ってそこすらハードル高くてクラクラする。前途多難。
あと上ピーについて、わたしの初見が上↑のTwitterキャプにもある通りガクト期でそのあとデビューちょい前の黒髪ウルフまでしかちゃんとみてなくて、その後の甘栗・ビジネスヤンキーまで追いつけてなかったんですが、ガクトからの黒髪ウルフはどっちもV系みあるわ〜で処理できたけど甘栗からのビジネスヤンキーの差がすごくて高低差に耳キーンなる(@フット後藤

f:id:aoi-blue:20170609004415p:plain
とりあえず課金。無事6月を待って入りました。こうやって会員数?増やしておけば充電完了目安になるかなって…

f:id:aoi-blue:20170608154423p:plain
まじでって2回言ってるあたり脳直すぎる。亀ちゃんに引っかかって?ホイホイと転がり落ちていきましたけどKAT-TUN好きになっててちゃんと実を結んでる充電期間!と自らの身を以て体感した。

f:id:aoi-blue:20170608154532p:plain
テニスの宗教に入っているので…すみません。このあとフォロワさんから「不動峰TOKIO」って言われて確かにってなった。そのフォロワさん曰く氷帝はいまのセクゾらしいので立海で合意を得ました。でもな〜氷帝みもあるんだよな〜ほんと迷う。
テニスだと立海、ついで氷帝が好きだしうたプリではカルナイが好きです。これ統計とりたい〜!2次ジャンルに例えるのたのしい…同じシリーズでこの人のCVは誰でしょう妄想も楽しいので今度やります。 

f:id:aoi-blue:20170608154545p:plain
ここが沼だった…って死ぬほど思ってる。ちょっと前まで、前ジャンルを離れてからは沼で遊んでは浸かり切るまえに次の沼で遊んでしまうニワカだわ〜^^みたいなこと言ってたんですけど全然笑い事じゃすまないこの沼。

f:id:aoi-blue:20170608154559p:plain
休みの日のたびに増えていく。今週も増やします。その前にカウコンみてしまいたいな〜休日短すぎる。11年分追わなきゃなんだよこちとら。

f:id:aoi-blue:20170608154614p:plain
甘ささほんと好きやってん…。
PVたいそう楽しくてあれから毎日再生しながらごはんやスキンケアしてます。初期のコテコテ俺の心の中の厨二大歓喜な感じも最近のおしゃれなかんじもたまらないやんけ…。 

f:id:aoi-blue:20170608154629p:plain
Myojoこれ持ってた懐かしすぎるし13年くらい?の時を経てこの画像に簡単に出会えるからインターネットって素晴らしいなテクノロジー
あとみんなから「今!?」って言われまくるんですけどわたしだって自分のタイミングの悪さ何回も呪った!!!ほんとになぜせめてジョカゲで開眼しなかったのか。 

f:id:aoi-blue:20170608154647p:plain
まだこの録画全部見きれてない冒頭のこれにやられて全然進まなかった。ふにゃふにゃ笑う亀ちゃんかわいいねえ〜 

f:id:aoi-blue:20170608154707p:plain
友達部のおかげで携帯の中のKAT-TUN画像が800枚を超えました。尊い

 

赤西家にご長男が生まれたという浮かれた気持ちだけで始めてしまいましたが、書くのに丸1日かかったうえに着地点を見失いました。
とりあえずまだジャニオタとは呼べないな、担当とかわかんないしな〜…と思っておりますが日々一歩ずつ沼の深みへ足を進めている気持ちです。よろしければしばしお付き合いいただければ幸いです。なんならご指導ご鞭撻のほど、何卒よろしくお願いいたします。

 

 

*1:余談ですがわたしの実家は沖縄の離島で本屋にも無ければCDショップもない、あと沖縄にはセブンイレブンもない、ということで買えるのが島のスーパーに毎月1冊だけなぜか入荷されるMyojoだけでした。たぶん先人ジャニオタがいたんだろうな。

*2:うちの家系は顔のいい男が好きな家系で母親はキムタクが好きでスマスマを毎週楽しみにしていた類の人。

*3:録画機器は今年3月に他ジャンルのBlu-ray BOX発売に合わせてBlu-ray再生機器を買うついでに、録画機能付きのものを買うことにより入手しました