ここが沼だ

沼が楽しくて笑ってたら足を取られてこのざま

新参ハイフンが思う、KAT-TUNの好きなところ。

前回記事でどのようにして沼に落ちていったのかの前提と経過を書きましたがほんとに経緯報告というか、「結果、なんでなん?」みたいなとこまで落ちきらなかった!結局お前はなんでそこにはまりこんでいったんだ!みたいな気持ちに公開後30分でなったので、第2段更新のお題とさせていただきます。ドンドンパフ〜!!!

どうでもいいんだけどどうしてこの更新画面開いてキーボード叩いてるうちに何言いたかったのかよく分からなくなっていっちゃうんだろうね…話すの下手だね…プレゼンとか発表とか自分で自分が何言ってるのか分からなくなっちゃってテンパるのブログでも行われてしまうのほんと根っからの性質感ある。

 

1.曲がかっこいい。 

まず曲が好き。かっこいい。ひたすら“カッコいい”に終始してくれる曲が多くて本当に好き…!既に語彙力を失う。邦楽ロックを長く齧っていたりしたのも関係するのか、かわいい所謂アイドルソングも勿論好きなんですけど、かわいいな〜♡とは思うけど何回も聴かないんですよね、それは完全に個人の趣味趣向の話なのでかわいいアイドルソングdisとかそういうわけでは全然ないので悪しからず。あとアニメソング好きなんですけどアニメソングって「俺が思うカッコよさてんこ盛り盛り胸焼け風味」みたいなところあると思ってて。いやまあすべてではないですけど…。ウワ〜これ絶対背景薔薇散っとるやん!みたいなのとか、荒廃した砂漠みたいな廃墟みたいな風景のイメージ流れるわみたいなのとかカラオケで歌ったら薔薇燃える映像かモノクロで工業地帯のなかの建物っぽいところでスローモーションで俯いたりあっち向いてたりする男の人の映像流れるやつとか。と、まあ今の例えは偏ってますけど、まあ兎にも角にもカッコいいのが好き♡なわけで、そんなわたしにカツンさんの曲ドンピシャ。MVもドンピシャ。しかも見た目がいい実在の人物が趣味ドンピシャな世界観の映像のなかでカッコつけててくれるんですよ!?好き!
邦楽ロックとアニソンて親和性あるというか、どっちも好きって人多いじゃないですか。そこにKAT-TUNさん食い込めると思うんです同じベクトルです。2次元オタや男性にもオススメ!(鼻息荒く)

2次オタにオススメっていう繋がりでいうと「KAT-TUNは2次元…?」と思うようなこと多発していて、女装も和物も軍服も顔のいい男たちが総力かけて最高にカッコよく美しく3次元で実現していてほんと…こんなん好きやんけ…としか言えなくなる…。

(カラオケに行ったらやっぱり背景薔薇だったので喜んだ。)

 

 

2.メンバーのわちゃわちゃがかわいい

顔がめちゃくちゃかっこよくてMVやコンサートで最高にカッコつけてくれてそれがキマってるひとたち、普段のわちゃわちゃ可愛すぎてずるい。でもこれはMyojo買ってた当時からずっと思ってて、誌面でキャッキャしてる感じモロに出されてしんどかった(萌えで)。悪ふざけしてるわちゃわちゃ感っていうの?当時で言えばむしろカッコつけてないでそういう感じでいてよくらいのこと思ってました。 当時は少クラも見れなかったので歌って踊るKAT-TUN知らなかったから…。兎にも角にもわちゃわちゃしている男たちが好きだという星の元に生まれたので雄一さん楽屋コーナーありがとうございます本当にわかっていらっしゃる。気さくなアンちゃん感というか、そういうのも魅力のひとつだよなあとひしひしと思う…。KAT-TUNさんて爺孫でも2学年とかしか歳離れてなくてほぼ同年代の集まりなんですよね。そして入所時期もめちゃくちゃ離れてるわけじゃなくて色んな意味で同世代で、そういうとこも仲良いの納得できてすごくかわいいです…。各コンビに名前がついててそれぞれにエピソードがあるのもずるい。ハマった三日後にはろばまるこわいを唱え始めていました。

 

3.顔が美しい男たちの多面性

天下のジャニーズさん、顔がが美しいのは前提条件みたいなところありますけどKAT-TUNさんはいろんなタイプの顔が美しい男取り揃えてまっせってかんじ感じある…。萌えの全方位捕獲。ジャニーズjr大賞かなんかっていうMyojoさんの企画で醤油顔No. 1に選ばれてた田口くんすごく印象に残ってるんですけど、それ以外にもなんていうか見せ方で変わるしいろんな顔の美しさ楽しめますよね…。うえぴのキャラ変は可愛いもかっこいいも耽美も自由自在だしそのどれもが美しいしいまビジネスヤンキーしてるけどその実根底の可愛さ出ちゃってるよ…てタイミング多々あるし、亀ちゃんも普段メディア出てるときはかっこいい、真面目、みたいなところが全面に出てる気がするのですがKAT-TUNでいると末っ子の可愛い感じ全開だしコンサートでは美しいとしか形容できない、性別を超越したナニカになっているし中丸さんもコメンテーター・バラエティ班として真面目で誠実な感じ、なんならKAT-TUNの中では一見地味にも捉えられるかと思えば帝王顔してひれ伏したくなるようなかっこよさやダンスのかっこよさ・煽りのオラオラ雄一さんとかもうカッコよさしかない…ありがとう…リア恋枠も納得です。田口くんはあのハッピーオーラ・ギャグキャラは一般認知度も高いと思うのですがスタイルの良さを遺憾なく発揮するダンスのときとか本当に、本当にかっこいいしかと思えばKAT-TUN年下組の可愛い甘やかされBOYっぷりは母性とか皆無であっても内臓の奥底から母性本能引きずり上げられる感じある。こきたんはデビュー後どんどんと見た目が悪にステ全振りしすぎじゃない?みたいな感じでしたけど元々とても美少年だし普段の感じがとても人懐っこくてこれは可愛がられる…ってこのひとも年下組だったのを思い出すしジンアカニシはセクシーーーーって感じ全面に出ててある種「なにスカしてんねん」って悪意ある見られ方もしがちだったと思うんですけどすっっごいお茶目でかわいい。笑った顔が可愛すぎて反則。こきたんとジンアカニシはデビュー後のことあまり知らないので違ってたらごめんなさいわたしはこういうイメージです…。みんなのこの多面性、まあ人って多面的でないほうがどやねんみたいなところあるんですけどKAT-TUNさんはその振り幅というかギャップがとても大きくて、それ知っちゃうと沼ですというか、もはやそこに手出ししちゃうと好きにならざるを得なかったというか…。個性が取っ散らかってるってくらい個性的でそのアクの強さみたいなものに惹かれてしまいます。

 

4.物語を感じてしまう

リアルタイムでずっと追ってきたわけではない新参ハイフンなので思い入れの差はもちろんあると思います。ですがそんな新参でも色々思ってしまうようなこんな紆余曲折あるグループってそんなないと思うんですよね。元々優等生で王道な感じで売り出したわけじゃないところも、テニスでは青学でなく立海氷帝推しうたプリではカルナイ推し、みたいな王道にあまりハマれないわたしにはドンピシャでしたし、そのうえにこんなに色々なことがあり、そういうことが起きるたびに乗り越えていく様をみているとドラマティックであるとすら感じる。わたしは充電期間の道すがらに、その名目の通りソロ活動頑張っている亀梨くんに引っかかりそのままKAT-TUNまできたわけですけど、このタイミングでKAT-TUNのファンになったからには、FCにも即入会してジャニwebにも入りソロ活動の結果KAT-TUNのファンが増えたんだなってわかってほしいと思ったし充電復活をちゃんと見届けたいなと願っています。こういうのが影響するのか、ジャニーズ事務所についてほとんど知らないのでわからないですけど。正直なことを書くと安泰だと思っていたらここまでしなかったと思う。去年のSMAPの騒動があったり、KAT-TUNの今までの歴史があって、なにも簡単にずっと続くことはないんだなと思ったのでせめてわたしができることだけでもと今できる応援活動は全部やりたいなと思ったのでした。

 

とりあえず4つ…やっぱり落としどころがわからなくなる…。
とりあえずわたしのなかで一番大きいのは曲とコンサートのカッコよさです。コテコテな感じを照れを感じさせることなくやりきってくれるKAT-TUNさん、これを味わえるのKAT-TUNさんだからや!!って感じがして推さざるを得ないです。コンサート生でみたすぎる…。なので、充電復活を本当に心待ちにしています。生で見ないと信じられない現場厨なので。。

前回担当とかがイマイチわからないと書いた通りいまのところ箱推しって感じで全員の動向を追いつつ過去のことをお勉強させていただいております。

 沼。